道頓堀川を歩く(5)水質改善状況と生息する魚の種類

深里橋から更に東へ進むと、次に見える橋は大黒橋である。この周辺に、道頓堀川攻略を行う上で重要な地図がある。

それから更に上流へと遊歩道をあるき続けると、パネル展示がたくさん並ぶ一角があった。

これが、道頓堀川で釣りをする上で、非常に有効な情報満載なのであった。

道頓堀川が汚かった理由

まず、この情報。東横堀川は道頓堀川の上流につながって、南北に伸びて大川につながっている川。以前からこの2つの川はなぜこんなに汚いのだろうかと不思議だったのだが(同じく大川を源流としていても、土佐堀川、堂島川はそれほど汚くはないのだ)、大阪市内の雨水吐口の24%は道頓堀川・東横堀川に集中していた…ということ。

ただ、それだけの汚水が入るということは、汚染の原因になる反面、「栄養」もある…ということなのだろう。

この地図上の川のそばに描かれている矢印が雨水吐口。ほとんどは東横堀川に集中している。道頓堀川には北岸に2つしかない。

道頓堀川の汚染が改善した理由

北浜逢坂貯留管

かつて、道頓堀川と東横堀川は、豊臣秀吉の時代にさかのぼる「太閤下水」の排水が流れていた。

それを北浜逢坂貯留管が開通する。平成27年供用開始ということは2015年…確かにそれぐらいから道頓堀川の水はキレイになったかな。以前みたいに変なニオイはあまりしなくなった。

中浜下水処理場

北浜逢坂貯留管に加えて、中浜下水処理場で膜分離活性汚泥法(MBR)による下水処理を行っているから水質が改善したらしい。

MBRの概要も説明されていた。中浜下水処理場は昭和35年~38年から運用だけど、MBRがいつから実施されたのかは不明。そんなに新しい技術ではないのかな。

道頓堀川に生息する魚

コウライモロコ、マハゼ、スズキ…この3つだけじゃないだろうし、ブラックバスとブルーギルは入ってない。外来生物はこういう情報には掲載されないのか。大阪市環境局が作成した「平成29年度大阪市内河川魚類生息状況調査結果」というのがあるらしい。それを見れば道頓堀川に生息する魚がわかるはず…つまり釣れる魚と量、ベイトフィッシュなんかもわかるのではないか。

魚類調査のイメージ写真 大阪市では、平成3年度から概ね5年ごとに市内河川魚類生息状況調査を実施しています。この調査は、市内河川における魚類の生息状況を把握し、市民に親しみのある魚類を指標とすることにより、市民に水環境への関心を持っていただ..

こちらが大阪市の魚類生息状況調査のページ。

■平成29年度 市内河川魚類生息状況調査結果概要(詳細版)

クリックして2-3.pdfにアクセス

▲こちらに道頓堀川についての記述あり。

道頓堀川ではコウライモロコの個体数が増えているらしい。環境改善の効果が出ているのか。つまりベイトフィッシュも増えている…ということだろう。

コウライモロコに近い形のルアーを使えば釣りやすいかも知れない。

■平成 29 年度調査 市内河川の魚類の分布(地図)

クリックしてbunnpuzu2017-02.pdfにアクセス

▲こちらに地図でわかりやすく魚類分布が示されている。

道頓堀川に主にいる魚として、

  • コウライモロコ
  • ワカサギ
  • ボラ
  • マハゼ
  • ゴクラクハゼ
  • スズキ

…とある。

コウライモロコの横の青い■は水質の良いところに棲む魚を意味し、ボラの横の赤い■は水質の悪いところでも棲める魚を意味する。

平成29年度 市内河川魚類生息状況調査結果 魚の分布状況(一覧表表示)

クリックして2-5.pdfにアクセス

▲こちらは各河川で調査捕獲された魚の種類と数をまとめたもの。

道頓堀川のデータを書き出すと…

  • コウライモロコ…11匹
  • ゴクラクハゼ…1匹
  • スズキ…1匹
  • ボラ…5匹
  • マハゼ…14匹
  • ワカサギ…2匹

となっている。意外にコウライモロコとマハゼが多い。そして不思議なことにブラックバスとブルーギルは入ってない。

この手の調査は、網を使って捕獲するので、調査結果にあがってくるのは網で取れるものに限られる。そして、網を使ったからといって、そこに生息する魚を必ず全て取れるとも限らない。

なので、あくまでも目安ではあるが、生息する魚の情報から、道頓堀川の水質が改善していることと、ベイトフィッシュが豊富であることとその種類も理解できた。

道頓堀川でのストリートフィッシングを始めるにあたって、大きな手掛かりを得ることができた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。