真鍮ピニオンギヤを採用したゼブコのモデル一覧

勢いで「スピンキャストリール専門釣りブログ」なるものを立ち上げたものの、忙しくて釣りには行けず更新が滞っている。

忙しい合間に、気になるとネットでスピンキャストリールの情報を引っ張り出して、次の購入計画を立てているのだが、1つ気になったことがある。

ゼブコにはピニオンギヤに真鍮を採用したものと、そうではないものが存在するのだ。

Our top-of-the-line Zebco 33® spincast. Sturdy all-metal body, 5 bearings, Continuous Anti-Reverse™ and a 4.1:1 gear ratio for smooth, fast retrieves....

最初に気づいたのはゼブコ33プラチナの説明。

「Brass Pinion Gear」と書かれている。

The reel that changed fishing forever is “new” again - and better than ever. With many performance upgrades like a QuickSet™ anti-reverse, Bit...

普通の33には「All-metal gears」としか書かれていない。

つまり、ゼブコのスピンキャストリールには、全部メタルギアのローエンドモデルと、ピニオンギアに真鍮(ブラス)を採用したハイエンドモデルがあるのだ。

ゼブコのスピンキャストリールのバリエーションはたくさんあるけど、その全てのギアの素材を確認するのは大変なので、どうしたものか…と思っていたら、

Catfish are the second most fished-for freshwater species in America behind bass, and Zebco is launching an impressive offering of beefed-up reels called &ldquo...

ナマズ釣り用のBig Cat XTのQ&Aでこんなのを見つけた。

  • 33 Gold
  • 33 Platinum
  • Delta
  • Omega
  • Omega Pro
  • Bullet

つまり、この6種類で真鍮のピニオンギヤが採用されている…というわけだ。

どれも高級機種なので、やはり真鍮のピニオンギヤは良いのだろう。

真鍮のギアになると何が良いのか、ググると色々出てくるけど、

ちょっと重くなる代わりに、頑丈、滑らか…というメリットがあるらしい。

日本でスピンキャストリールにハマっている人というのは、主にオシレーション機構やベアリングの数が気になるようだけど、実際のところオシレーション機構はなくてもそんなに困らないし、ベアリングも多ければ良いものでもない。ただ、ピニオンギヤはリールの心臓部なので、ちょっとこだわっておきたいところだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。